旅行中に道で売っていた絵を踏んでしまった男性。弁償を求められるも、あれ!?



菅原祥平@ダイソン本社🇬🇧 (@ShoheiSugahara)さんが、フィレンツェの町を歩いていたときのこと。

『とあるトラブル』に巻き込まれてしまったそうなのですが…

 
怪しすぎる…!!(;∀; )

値下げの振り幅はもちろん、そもそも100ユーロ(約12000円)の絵を踏まれる恐れのある場所においておくこと自体、普通ではありませんね。

 
後に案じたとおり、これは「詐欺の手口」であったことが判明したそう。

 
わざと踏ませるために、犯人たちはどんな手を使ってくるか分かりません。

旅行の際は仮に引っかかっても支払いに応じぬよう、皆さんも何卒お気をつけください…!

関連:『人の死に付け込んで…』 あまりにも許しがたい「詐欺の手口」に怒りが爆発!

 
ネットの反応

●景色に夢中になっている観光客に踏ませるよう、わざと置き場所を微妙に変えながら狙っているので、たとえ踏んだとしても完璧にスルーしていれば払う必要はありません

●怖いですよね。何よりも無事でよかったです

●まさにこの場所で10年前遭遇しました。本当にいつのまにか絵の上に立っていて…。すごくしつこくて言い合いしたけど、見てたら欲しくなり値引きしてきたし踏んでない絵とチェンジして友達と2人で4枚買いました。そして部屋に飾っています。でもあの手法は許せないです、普通に売ればいいのに

●私がイタリア行った時ヴェネツィアにこの手のが多かった。フィレンツェは基本スリに気をつける程度で良かったのに時代は変わったのか

 
恐ろしいお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ