豪雨の九州。自身のTwitterに集まった「まさかの嘆願」に、熊本市長の答えは?


タグ

今もなお、豪雨が降り続いている九州。

そんな中、熊本市長 大西一史 (@K_Onishi)さんのTwitter上に「とある嘆願」が寄せられたそうなのですが…

 
おっしゃる通り(;∀; )

学校が正しい判断を下すことはもちろん大切ですが…それと同時に、その判断が正しいかどうかを生徒と保護者自身で見極めなくてはなりません。

 
なお、大西さん自身も…

 
結果的には笑い話ですが、こうした警戒心は非常に大切です。

 
九州にお住まいの皆さんは、どうか「目的」と「命」を天秤にかけた上で、慎重な行動を行ってください。

関連:知ってた? 洪水時の避難に『長靴がNG』と言われる理由は…

 
ネットの反応

●無事休校になったので、市長からもうちの校長によくやったと伝えてあげてください

●学校でも、子どもでもなく、最後は親が責任持って判断すべしと思います

●その通りだと思います。自分の身は自分で守るべきです。父親は、年休をとって会社を休み、幼稚園が休園になった娘と過ごす勇気も必要だと思います

●学校は判断力を養う場所でもあると思うので、共感した

 
ハッとさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ