衰弱しきった子猫を見守ったのは、同じタキシード模様の「お兄ちゃん猫」だった

カナダ・モントリオールの保護団体Chatons Orphelins Montrealのもとに、とある家族から連絡が寄せられました。

子猫の具合が悪く、手に負えないので引き取って欲しい。

 
プセと名付けられた子猫は、ペットショップにいた時から酷い状態だったとのこと。

脱水を起こし自分で餌を食べることもままならず、かなり衰弱した様子です。

 
それでも、適切な処置により…

彼はなんとか一命を取り留めました。

 
病院から退院の許可が出ると、施設のメンバーであるバレリーさんが預かりボランティアを申し出ます。

安心できる落ち着いた環境で、回復に向けたケアを受けることになりました。

 
バレリーさんは24時間プセを気にかけ、できる限り一緒の時間を過ごしたそう。

施設に来た時はとても衰弱していました。

でも、看病を続けているうちに少しずつ元気を取り戻してきたようです。

 
そして彼女の家には、もう1匹心強いサポーターがいました。

プセと同じタキシード模様の猫、ザッキーです。

ザッキーはすぐにお兄ちゃんとして面倒を見始めてくれました。

“正しい猫の振る舞い方”を教えてくれているようです。

プセはお兄ちゃんを尊敬しているみたいで、まるで影のように何処へでもついていきます。

 
見た目もそっくりな2匹は、まるで本当の兄弟みたいですね(*´▽`*)

関連:自宅のソファで眠っていた男性が目を覚ますと…まさかの光景が!

 
強い絆で結ばれた2匹を見て、バレリーさんはプセも正式に家族として引き取ることを決めました。

とっても遊び好きでいたずらっこな弟を、目を細めて見守るお兄ちゃん。なんとも微笑ましい光景です(*´艸`*)

彼らを引き離すことなんてできません。

これからもずっと、兄弟です。

 
不思議な縁で結ばれた2匹は、これからもたくさんの思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ