余裕のない保護施設に「13匹の猫」の引取り依頼が。放っておけず見に行くと…

ノースカロライナ州の保護団体Sparkle Cat Rescueにある日、地元の警察署から連絡が入りました。

猫たちを13匹、保護してほしい。

 
聞けば、猫は1人の男性によって警察署へ持ち込まれたとのこと。

施設にはすでに31匹の猫がおり、そんなに多くの猫を引き取る余裕は到底ありません。

 
かといって、このまま放っておくわけにもいかず…

施設のメンバーがすぐに確認へ向かうと、そこには信じられない光景がありました。

 
猫たちは、小さなケージの中に…

身動きも取れないほどぎゅうぎゅうに詰め込まれていたいたのです。

 

どのくらい中に入れられていたのかはわかりませんが、身体は排泄物で汚れひどい臭いがしていました。

 
雌猫4匹と雄猫1匹、そして8匹の子猫。

うち5匹は生後6〜7週間、残り3匹はまだ生後10日ほどでした。

よほど飢えていたのでしょう。

授乳中の母猫にあたってはボウル2杯分も水を飲みました。

 
地元の動物病院も彼らを助けるため無償で助けを申し出ます。

 
施設に着くと、一家は協力し合って、すぐに幼い子猫たちのお世話を始めました。

全員それぞれに、とってもチャーミングです!

保護されたことにも、感謝してくれているみたいですね。

関連:『醜い』からと、誰も引き取らなかったコチラの子猫。それが今では?

 
広々とした快適な空間、たっぷりの食事、献身的なメンバーのケア…

そんな施設での生活を、今では心から楽しんでくれているようです。

お互いのことを想いあって、本当に愛情に溢れた家族なんです。

あの時受け入れの余地はなかったけれど、彼らを引き取って本当によかった。

より良い生活を送るための手助けができてとても幸せです。

 
ケージの中での辛い生活を、深い絆で乗り切った13匹の猫たち。

彼らのことを心から愛してくれる素敵な飼い主さんが見つかることを、切に願っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ