とある街の大道芸人。その腕に抱かれた「小さなパートナー」に、世界がメロメロ!


タグ

ベネズエラ人のヨルジュ・ルイスさんは、4年前にブラジル北東部の街フォルタレザに引っ越してからストリートパフォーマンスを続けています。

 
彼が行うのは、身体にゴールドのペイントを施し、ブロンズ像のようにじっとポーズをとる“スタチュー”と呼ばれるもの。

その芸は、街にいるたくさんのパフォーマーの中でも特に人々の目を惹いていました。

 
なぜなら



 
彼には、とっても可愛いパートナーの犬・ジャスプがいたからです!(*´艸`*)

 
彼女はヨルジュさんの仕事場へついて行くだけでなく…

なんと一緒にパフォーマンスに参加し、作品を共に作り上げているのだとか。

 
ブロンズのペイントや衣装に完璧にマッチする茶色い毛色、人々を魅了するつぶらな瞳、それらももちろん魅力的ですが…

彼女が持つ1番の才能は、その「おとなしさ」。

ある時首にキスをしたら、自然と演技が始まったんです。

 
それ以来、しつけたことは一度もないにもかかわらず…

キスをするたびに動きを止めるようになったそう。

関連:そっけない態度の先住猫。それでも「新入りの子猫」は諦めなかった!

 
そんなある日、通行人の一人が彼らの様子をビデオに納め、Twitterに投稿。

 
すると、動画はあっという間に拡散され…

世界中の人がそのクリエイティブなアートを称賛しました。

 
最近のInstagramの投稿で、ヨルジュさんはファンに感謝の気持ちを述べています。

毎日私たちの演技を楽しんでくれている皆さん、本当にありがとう。

温かいコメントに本当に胸がいっぱいです。

 
息のあった2人の素敵なパフォーマンスは、今日も道ゆく人を楽しませていることでしょう(*´▽`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ