最愛の兄弟を亡くした犬。悲しむ彼に、飼い主がプレゼントしたのは…

ロッキーとスペンサーは仲良しの兄弟。

 
10年以上も一緒に過ごしてきた2匹は、深い絆で結ばれていました。

 
飼い主のベス・フィッシャーさんによれば…

夜寝るときも、散歩に行くときも、いつも一緒でした。

ご飯だって、同じ器から食べていたんです。

 
そんなある日、ロッキーが体調を崩してしまいます。

最初のうちは、すぐに治ると思われていたのですが…

 
後に、彼の体に末期のがん性腫瘍があると判明。

 
気づいたときには、もう手遅れだったそうです。

 
長く苦しませないためにも、飼い主のベスさんは、安楽死という手段を取りました。

ロッキーとのお別れは、私にとって辛い決断でした。

けれどそれ以上に…スペンサーにとっては、もっと酷なことだったでしょう。

彼にとって、最愛の弟を失うことがどれほどの喪失だったか、想像もつきません。

 
深い悲しみに暮れるスペンサー。

スペンサーは、夜になっても寝ずに家の中をうろつくようになりました。

ロッキーがどこかにいるんじゃないかと、探して回ります。

そして、どこにもいないということが分かると…悲しそうに鳴くんです。

 
そんな彼を見かねたベスさんの父親が、せめてもの慰めにと用意したのが





 
ロッキーの顔がプリントされた、スペンサー専用の枕でした。

枕が届いてから、スペンサーはかなり落ち着いたみたいです。

ギュッと抱きしめたり、ソファから自分のベッドに運んだりしていますね。

関連:余命半年の愛犬。思い出を作るべく、飼い主は「ある決断」を下した

 
親友の突然の死。

絆が深いからこそ、その悲しみが完全に消えてなくなることは無いのかもしれません。

それでも…

 
絆が深いからこそ、会えなくてもなお得られる安らぎがある。

スペンサーの表情が、そんな「救い」の存在を示してくれているかのようですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ