胸が熱くなる。ひどく怯え 頑なに拒絶する犬に忍耐強く愛を与え続けた結果…

「助けが必要な犬がいる」。要請を受けた犬の保護団体”Hope For Paws”がただちに現場へ駆けつけると、そこには1匹のゴールデン・レトリバーがいました。名前はクララベル。今までずっと1匹で孤独に生きてきたのです。

terrd_R

いきなり人が近づいたせいでクララベルはひどく怯えてしまいました。そして、人の手が届かない大型のごみ収集箱の下にもぐりこんでしまったのです。

 
仕方なく、首に紐をかけて少しずつ引っ張ることに。しかし、恐怖で固まってしまったクララベルは、一向に外へ出ようとしません。

terrd1_R

 
少し力を入れて引っ張ると、悲鳴を上げて抵抗してしまいます。

terrd2_R

 
人慣れしていないせいか、怖くてたまらなかったのでしょう。怯えるあまり、前足で目を覆ってしまうほどです。

terrd3_R

 
向こうから出てきてもらうのは無理だと判断したスタッフは、ごみ収集箱の下に潜り込み、自ら近づいていきます。

そして、ついにクララベルに触れることができる距離に!

terrd4_R

 
スタッフは、「大丈夫、大丈夫だよ。噛まないでね。」と、優しく語りかけながら頭をなでてあげました。

はじめは不安そうだったクララベルも、少し安心した表情に。

terrd5_R

 
優しく思いを伝えるスタッフに信頼を抱いてくれたようで、最終的には自分から出てきてくれました。

terrd6_R

 
見ているだけで胸が痛むほど、ひどく怯えた様子だったクララベルですが、優しく導いたスタッフに、最後には心を開いてくれました。

優しくされたくない犬などいません。怯えから頑なに拒絶する犬の心を溶かすのは、忍耐強くただひたすら愛を与えることに他ならないのです。

terrd7_R

今まで1匹でよくがんばったね。もう大丈夫だよ。

 
▼保護の一部始終はコチラでご覧いただけます。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]