難しい障害を抱える子猫。その未来は、1人の男性によって変わった

サンフランシスコ市の施設に保護された、パグという名の1匹の子猫。

獣医に診せたところ、脳に脳脊髄液が過剰にたまってしまう水頭症をはじめとして、唇が裂けた状態で生まれる口唇口蓋裂など、様々な障害を持っていることが判明します。

 
スタッフ不足で十分な看護が望めず、「長く生きられないかもしれない」と絶望的な想いがかすめた頃



里親として救いの手を伸べたのが、ジョイスさんでした。

 
パグもすぐになつき、甘えん坊な一面をのぞかせるように。

パグは本当にいい子なんだ。

喉をよく鳴らすんだけど、本当にびっくりするぐらい大声なんだよ!

 
食欲に加えて好奇心旺盛もなパグは、ジョイスさんと一緒にいない時も、あちこち歩き回って遊び相手を探していました。

そこで足が不自由な別の子猫・モキシーと出会い、すぐに意気投合します( ´∀`)

 
2匹はいつも一緒にふざけたり、遊んだり、昼寝したりしているんだとか。

 
パグはジョイスさんの元で、幸いにも、当初誰も予想できなかったほど順調に成長していきました。

 
最初は体重が450グラムほどの重さしかなく、栄養を注射器で賄わなければならないほどでしたが…

今ではご飯も自分でちゃんと食べれます!

 
困難にも負けず、毎日を全力で生きていくパグ。

その姿は、我々にかけがえのない勇気を与えてくれますね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ