解体現場で見つかった体重97gの子猫。小さな体で戦いぬいた果てに…

とある倒壊した建物で、ひときわ小さな生後4日ほどの小さな子猫が、他の兄弟と一緒に保護されました。

彼の名前はノース。

その体は手の平ほどのサイズしかなく…加えて栄養不良で貧血状態だったため、すぐさまオーストラリア・パースの動物病院に運ばれていきます。

 
ノースを世話することになったのは、看護師として働く里親ボランティアのタラさんでした。

里親として受け入れる時になった時は、だめかもしれないと思ったわ。

彼の体重は、97グラムしかなかったの。

 
食事の際、ノースをブランケットに包むと…

彼は気持ち良さそうにゴロゴロと喉を鳴らし始めたそう。

 
しかし、回復までの道のりは、小さな子猫にとって非常に厳しいものでした。

ノースは胃腸に重い疾患を抱えており、4週間で3種類の薬が投与され、体重もなかなか増えません。

ともに保護された他の兄弟も、次々と命を落としていたそうです。

治療中、獣医から3度も安楽死を勧められたの。

でも私は同意しなかった。

ここまで生き抜いたんだから、あともう一日、もう一日と思いながら看病したわ。

 
その想いへこたえるかのように…

ノースも、一日一日を懸命に乗り越えて行きました。

瀕死の子猫の看病をするのはとても大変。

でもノースは他の4匹の子猫が命を失っても生き残った。

最初の数日間の下痢とひどい脱水症状から抜け出し、目が開く前に受けた目の炎症を治したの。

 
そして、7週間に及ぶ24時間介護と通院の後…

ノースは、ついに回復しました!

苦境を乗り越えて生き残った彼を見て…

獣医たちはみんな、その勇気と強さに驚いていたわ。

関連:生後8週間の子猫は、拾い主のヘアサロンで最高の「天職」と出会った!

 
健康体になったノースは、同じ年齢の子猫の半分の大きさしかないにも関わらず、とてもやんちゃな性格を見せているんだとか。

 

小さいのは最初の健康状態が良くなかったからだと思う。

他の面の成長度合いは遅れてないし、5週間目で体重がまだ200グラムしかなかったのに、自分から離乳したのよ。

 
現在は生後10週間半で、体重は530グラム。

大きさを性格で補いつつ、他の子猫たちにも負けない存在感を発揮しています。

 
奇跡と執念が紡いだ命。

これからも元気にすくすくと成長していってほしいですね(*´▽`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ