貧しい中で迎えた母の誕生日。コスモスを巡る思い出話に、心が震えた

匿名掲示板に、とあるユーザーが「コスモス」をめぐって、幼いころのエピソードを投稿しました。

 
●ユーザーID:5lFFLriIe

コスモスの時期になると思い出す。

子どもの頃うちはど貧乏だった。

親父が蒸発して、母親が夜遅くまで働いてた。

 
学童みたいなのが地域になく、学校から家に帰ると、菓子パン食べて…

それから友達の家行ったり、小遣い貰ってないからただ近所を散歩したりして、真っ暗になるまで時間潰してた。

[2014/09/26(金)18:11:05]

 
生活は辛くとも、お母さんのことが大好きだった投稿主。

そんな中…大切な日がやってきます。

 
●ユーザーID:5lFFLriIe

ある日、少し遠い街を歩いてたら、庭にコスモスがいっぱい咲いてる家があった。

そのとき頭にあったのが「今日お母さん誕生日なのに何もあげられない」

 
たまたま庭に出てきたおばさんと目が合ったので…

「こんにちは。すいませんが、コスモスを1本貰えませんか」と話しかけた。

[2014/09/26(金)18:11:05]

 
いつも頑張っているお母さんが、少しでも喜んでくれるように。

家主のおばさんは、その頼みを受け入れてくれました。

 
●ユーザーID:6oHOoRzHs(投稿主)

理由も伝えて、「これで憐れんで一本くらいくれるだろう」と思ったら、予想の上を行った。

 
コスモスで花束を作ってくれた。

家に上げられ、リボンを一杯並べて、「花束に好きなの巻いてごらん」と言われた。

 
きれいな便箋をくれて手紙書きなさいと言われ、「ママ大好き」とか書いた。

 
硬いクレヨンみたいなの貸してもらって、母親の似顔絵も描いた。

 
お菓子も食べた。

 
おばさんも手紙を書いて、「これもお母さんに渡して」と言われた。

[14/09/26(金)18:30:25]

 
これ以上ない親切に感謝し、お礼を言って帰宅。

そして…

 
●ユーザーID:6oHOoRzHs

家で母親の帰りを待って、やっと帰ってきた母にプレゼントを渡すと…

「こんなのどうしたの?」と初めは怒ってるような驚き方だった。

 
「知らないおばさんから貰ったんだよ」と説明してもなんだか納得いかないようなこと言ってたけど…

おばさんからの手紙を読んだら、泣いて「ありがとうね」と言ってた。

 
「あーおばさんが説明してくれたんだなー良かった」と思った。

[14/09/26(金)18:30:25]

 
それから時が経った、ある日のこと。

痴呆症で施設に行ったお母さんのアパートを整理している際…大人になった投稿主は、ふと全てを理解しました。

 
●ユーザーID:6oHOoRzHs

片づけてたら、段ボールの中にその時の似顔絵と俺の手紙とおばさんの手紙が残ってて…

あーおばさんこんなこと書いてたのか、とわかった。

 
「息子さんの気持ちに打たれ、拙宅のつまらない花ですが差し上げました。

優しいお子さんをお持ちですね。

 
うちにも子どもがいましたが、小学校までは生きられませんでした。

女手一つでお辛いでしょうが、どうかこれからもお子さんを大事にして下さい。

陰ながら応援しております」

 
俺の子育てにあれだけ苦労した母親なんだから、俺の苦労は苦労じゃないよな。

そう思って施設に通ってる。

[14/09/26(金)18:30:25]

関連:父に誕生日メールを送ったら「ああ」だけの返信。しかし、その直後?

 
辛い思いをしている人に優しくありたい。

辛い思いをしたからこそ優しくありたい。

見知らぬ人同士の交流から生まれた尊い絆に、胸が熱くなります。

 
これから先、どんなに辛いことがあっても…

この思い出が、投稿主の心を救ってくれるに違いありません。

※こちらの記事はopen2chより、一部コメントを読みやすくまとめた上で作成しています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ