創業113年の老舗そば屋が閉店。その理由が、あまりに切なすぎる

平成28年6月24日、東京・内神田に明治36年から店を構える老舗蕎麦店・満留賀が、惜しまれつつも閉店しました。

ブラジル産鶏もも肉2kg(@Ki_46ozzie)さんがツイートした内容によると、その理由は



日頃から格別のお引き立てを賜り誠に有難う御座います。

この度、店主、蕎麦アレルギー悪化により下記の通り一時閉店させて頂くことになりました。

明治36年(1903年)より神田の地に来て113年に亘り、永い間ご愛顧いただきました皆々様に心から厚く御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

 
なんとも切ない原因に、言葉を失います…。

 
「悪化」という言葉から察するに…それまでも、アレルギー症状と戦いながら営業を続けていたのかもしれません。

 
今はただ、ご主人が健康に暮らしていることを願うばかりですね。

関連:『確実に良い人だ』 インドカレー屋の「プラス要素しかない貼り紙」にホッコリ!

 
ネットの反応

●蕎麦アレルギーなのに家業を継がなければならなかったというのも、悲劇というほかない

●アレルギー、改善されることを願うのみですね

●結構あるようですよ。蕎麦アレルギーは他のアレルギーよりも激症になりやすいようで、店を続けるのは困難になるのだとか

●今までもずっと我慢してたんですかねぇ…ぼくも猫好きの猫アレルギーで多少気持ちはわかる

 
胸が詰まる一幕に、他のユーザーたちからもたくさんの反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ