スタバで「注文を聞き返された」客が、とても嬉しくなったワケは?

あんど~ (@NoriJr)さんが、スターバックスに立ち寄った時のこと。

とある店員さんとのやり取りを通して、とても嬉しい気持ちになったといいます



 
耳が不自由であることが、障害にならない空間。

これこそ、バリアフリーの理想形ですね。

 
2016年にはマレーシア、昨年10月にはアメリカで聴覚障害者に向けた「手話ストア」をオープンしているスターバックス。

 
彼らの姿勢を手本として、多様性を受け入れる企業が今後も増えていくことを心から願います(*´▽`*)

 
ネットの反応

●これはすごいことだ。普通なら、「対人業務から外すこと」を配慮だと考えてしまう

●結構企業でお勤めされている聴覚障害者の方は多いんですよね

●わたしも行きつけのスタバに耳マークつけたスタッフさんいます。ふっと手話を思い出して、ありがとう!と手話でやると、その方もありがとう!と返してくれます

●私も会ったことがあります。どうしたら伝えやすいのかなと、こちらも考えました。そういう機会が素晴らしいと思います

 
素敵なエピソードに、リプライ欄にも称賛の声があふれていました!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ