サーカス団に虐待され、弱り切ったトラ。保護されて8か月が経つと…

とあるサーカス団で飼われていた生後9ヶ月のベンガルトラ・アーシャ。

体重はわずか13キロ程と、同世代の通常と比べておよそ1/4しかなく、体毛もところどころ抜け落ち、地肌が痛々しく見えていました。

 
病気を患っていることは明らか。

しかし、サーカス団はアーシャに適切な治療を受けさせていませんでした。

 
そんな中、幸運にもテキサス州の野生動物保護センター(In-Sync Exotics Wildlife Rescue and Educational Center)が、アーシャの存在をキャッチ。

彼女をサーカスから救い出すことに成功します。

 
アーシャは、白癬(はくせん)と呼ばれる皮膚病にかかっていました。

同センターでは日に2回の投薬と、薬を溶かしたお風呂を使って治療を始めます。

 
最初、アーシャはこの薬浴をひどく嫌がり…

スタッフは逃げる彼女を追いかけながら、やっとの思いで浸からせていたそうです。

 
そんな努力の甲斐あって、やがて薬が徐々に効き出すと、アーシャも好んで薬浴するように。

すると、彼女の体はみるみる回復し始め



8ヶ月後には、こんなに立派な姿を取り戻しました!

 
痛々しく抜けていた体毛も見事に生え揃い、とても美しい毛並みに。

発見されたころと比べると、同じ虎だとは思えない変身ぶりです(*´▽`*)

 
治療のためのお風呂をすっかり気に入ったアーシャは、スイミングや水遊びも好んで行うようになりました。

 
「極楽、極楽」といった表情ですね。

スポンサードリンク

 
その後アーシャは、彼女より少し体の大きいオスのトラ、スマグラーと出会います。

 
2匹はすぐに意気投合し、同じケージの中で仲良く暮らし始めました。

 
よき伴侶にも恵まれ、幸せな日々を送るアーシャ!

そんな彼女が今一番楽しみにしているのは



やっぱりお風呂(笑)!

 
しかもスイカ風呂とは…!!

なかなか通なこだわりがあるようですね(*´艸`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]