外で拾った、とっても人懐っこい子猫。その「前足」をよく見たら!?

ある日、ケイトさんと夫のアンドリューさんは、自宅の外から聞こえる小さな鳴き声に気が付きました。

音の主を探すべく茂みに近づいていくと、中にいたのは1匹の子猫。

 
周りに他の猫はおらず…

ガリガリに痩せ細っていたことから、何も食べていないのは明らかでした。

すぐに連れ帰って、ご飯を食べさせてあげます。

 
すると…

まもなくして、まるで「ここは僕の場所!」とアピールするかのように、子猫はくつろぎ始めました!

その姿を見て、ケイトさんたちもひと安心です。

 
そして子猫をよく見てみると、2人はあることに気が付きます。

彼の前足は通常よりも大きく、指を数えてみると、なんと全部で24本もありました!

 
おかげで…大きな自分の足を枕にして眠る姿は、とってもキュートです(*´艸`*)

 
次の日、動物病院に連れて行くと、子猫は生後4~6週ほどだと判明。

マイクロチップも埋め込まれていませんでした。

 
夫妻は子猫を育てることを決意します。

先住犬に引き合わせると、自ら寄ってきて、面倒を見てくれるようになったそうです。

 
すっかり夫妻に懐いた子猫は、食べ物や愛情のおねだりも上手になりました。

 
「ここがぼくのベストポジション!」

 
夫妻がテレビを見るときには、ちゃっかり膝や足の上にのってくるといいます(笑)

 
子猫はもう、独りぼっちではありません。

24本の指でも数えきれないぐらい、たくさんの素敵な思い出を作って欲しいですね(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ