ダムの鉄筋に繋がれ、放置されていたラブラドールミックス。そんな残酷な仕打ちに遭いながらも…彼は人を信じ続けた

米アーカンソー州のダムで救助されたラブラドールのミックス犬・サム。

発見当初、彼は南京錠によって鉄筋に固定されていました。

 
首元まで水に浸かっているにもかかわらず、逃げられないという状態で…

さらに、身体の複数の個所を骨折していたといいます。

人を憎まず

サムの身体はボロボロで、尿路感染症、背中痛、ノミとダニ、そして深刻な栄養失調にも苛まれていました。

 
おそらくは悪意ある誰かによって、ひどい目に遭わされたのでしょう。

それにもかかわらず、サムはとても人懐っこい性格であったといいます。

 
彼を保護した団体の創始者であるアンジーさんによれば…

もし私がサムの立場だったら、大勢の人間にかみついたでしょう。

寛容な心をもつ動物たちには、本当に驚かされます。

 
その後、治療を行う間、里親の元で保護されることになったサムは…

飼い犬として生きるための術を身に着けていきます。

関連:ラブラドールとの散歩へ『奇抜な衣装』で出かける飼い主。その素敵すぎる理由に、脱帽せずにはいられない!!

長い道のり

残念ながら、サムが受けた虐待の痕は簡単に癒えるものではなく…

下半身も歪んでしまい、莫大な治療費をまかなうべく、アンジーさんの団体では寄付を募っているそうです。

 
純粋で誇り高い精神をもった彼が救われるよう、心から祈ってやみません。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ