もっと早く気づいていれば。とある学生が迎えた「結末」にゾッとする

「もっと早く、気がついていれば」

YouTubeにアップされた『Evan』というタイトルの動画には、そんな後悔が詰まっていました。

 
舞台は、とある高校。

面白みのない日々に飽き飽きした青年・イヴァンは、図書室の机に落書きしました。

 
「僕は退屈だ」

 
すると後日…。

同じ机に座った彼は、嬉しい発見をします。

 
「こんにちは。退屈くん」

 
偶然始まった、名も知らぬ相手との「文通」。

 
イヴァンの生活が、少しづつ色彩を取り戻し始めます。

 
もしかしたら、あの子かもしれない。

 
いや、あの子かもしれない。

 
落書きの数が増える事に、彼の期待は、少しづつ膨らんでいきます。

 
意を決して、イヴァンは尋ねました。

 
「君は誰?」

 
しかし…。

翌日から運悪く、図書室は長い休みに入ってしまいます。

 
そして、相手の正体がわからぬまま、迎えた年度末。

イヴァンは、友達のイヤーブック(毎年発行される、生徒の顔写真などが掲載されたアルバム)にメッセージを書き込みます。

 
その筆跡を見て…横にいた女の子が彼に声をかけました。

 
「こんにちは。退屈くん」

 
互いの顔を知らぬまま、思いを伝え続けた2人は、ようやく出会うことができたのです。




 
しかし、そこに登場したのは、銃を持った1人の生徒。

 
2人を含めその場にいた生徒たちは、乱射事件の被害者となってしまいました。

 
あまりにも理不尽で突発的な惨劇、に思えますが…

皆さんは、この動画に写っていた「犯行のサイン」に気がつきましたか?

関連:トイレットペーパーの盗難に悩む道の駅。そこで「ある対策」を講じたら…

イヴァンの後ろで、銃の専門誌を読む青年。

 
ひどく苛立っているのか、図書館で声をかけてきた女性に、中指を立てます。

 
食事の時間も一人。

 
インターネットでも、銃の動画を見ていました。

 
周囲からは、ひどいいじめを受けていた様子。

 
誰にも目を向けてもらえない。

そんな状況が、引き金となったのかもしれません。

 
こちらのショートフィルムは、銃による暴力の撲滅を目的とするNPO「Sandy Hook Promise」によって制作されたもの。

犯罪には、必ずその兆候がある…ぞっとする展開に、深く考えさせられました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ