黒いドレスを「死海」に沈めたらどうなる? 2年後、驚きの光景が!

中東、イスラエルとヨルダンにまたがる「死海」は、塩分濃度が非常に高い事で知られる湖です。

 
そんな死海の中に、「真っ黒なドレス」を沈めて放置してみたら、一体どうなるのか?

イスラエルのアーティスト、シグリット・ランダウ(Sigalit Landau)さんは、この斬新なアイデアを実行に移すことにしました。

 
2014年某日。

大がかりなセッティングのもと、水中でドレスがよく観察できるように設置し…

 
そこに、真っ黒なドレスを沈めます。

 
時間がたつにつれ…

 
真っ黒な生地がだんだん、グレイになってきました。

 
そして、沈めてから丸2年…。


ドレスは、凄まじい変貌を遂げました!

 
塩の結晶が生地に付着したことにより、真っ黒だったドレスが、ボリュームのある真っ白なドレスに!

 
この「Salt Bride」は、1916年に書かれたロシアの作家、シュロイメ・アンスキーによる劇作品「ディブック(The Dybbuk)」から着想を得た芸術作品です。

 
死んだ恋人の霊に取りつかれた主人公が着用していた黒いガウン。

ランダウさんは、そのレプリカを死海に沈め、徐々に「純白のウエディングドレス」に変化していく様子を撮影していました。

 
ほかにも彼は、死海に沈めた様々なものを「Salt(塩)」という作品で発表しています。

 
●漁網

 
●バイオリン

 
●靴

 
見慣れたものが白く染まり、時が止まったように固まっている様は、まるで魔法をかけられているかのよう。

不思議なロマンを感じずにはいられませんね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ