『やばい気がする』 迷子を保護した男性は、「ある事実」に気が付いてゾッとした

にしもとのりあき@漫画家 (@Nishimotta)さんが投稿した、とある「ゾッとする体験談」を描いた作品に注目が集まっています。

 
泣いている子どもが、30分間も一人きりだった。

たしかに、考えてみれば恐ろしい話ですね…。

 
「関わらないことの安心」と、「見捨てることの危うさ」。

我々大人たちには…今一度そのどちらを重要視するべきか、冷静に考えてみる必要があるのかもしれません。

にしもとさんが描いた他の作品を読んでみたいという方は、ぜひコチラのサイトもチェックしてみてください!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ