山火事が去った後の現場にジッと留まる犬たち。1枚の写真が示した、その『理由』は

アメリカ・アイダホ州カミアで、大規模な山火事が発生した時のこと。

42世帯全焼の惨事となったことが報じられると同時に…

1枚の写真が、世界中で注目を集めました。

 
火災によって命を奪われた1匹の子ジカの遺体を見守る牧羊犬と、その子犬の姿。

これは、近所に住むルイス・アームストロングさんによって、火災の被害を確認していた際に撮影されたものです。

 
アームストロングさんは朝に初めてこの光景を目撃してから、犬たちの様子を見るために数回同じ場所を訪れたそう。

しかし、彼らは移動することなく、暗くなってからも、じっと小鹿の傍に留まっていたといいます。

 
その様子は、まるで…

他の動物によって食べられないよう、子ジカの遺体を守っているみたいだった。

 
友達の魂が天国にたどり着けるまで、その行方を見送るつもりだったのでしょうか。

犬たちの情の深さを改めて感じさせられる光景でした。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ