怒涛の「トンデモ展開」に絶句!! 『面接で、この会社はないなと思った瞬間は?』

匿名掲示板『ガールズちゃんねる』に、とある女性が「面接時に驚かされた会社」のエピソードを投稿しました。

家族全員分の職業や血液型など、個人情報をたくさん聞き出されて全てメモされた。

 
しかも2時間半の長い面接のあと、ふと面接官の手元が見えたのですが…

私の履歴書にメモを取っていたらしく、赤ボールペンで真っ赤になっていました。

 
合否連絡は1週間後の予定でしたが、それより前に辞退させていただきました。

 
なんとも非常識な話に、唖然としてしまいます…!(((゚Д゚;)))

その後、他のユーザーからも様々な「トンデモ面接」の逸話が寄せられました。

 

1. ありえない質問

信仰してる宗教は? って聞かれた。

怪しいと思って辞退しました。

 

2. セクハラ確定

当日の下着のデザインや色を聞かれた。

20年前、某下着メーカーです。

今はさすがに聞かれないだろうな。

 

3. 個人情報

歯医者の面接。

受付に誰もいなかったんだけど、患者のカルテや面接に来た履歴書が丸見えでそのまま。

あ、ここはないなとすぐ思った。

実際面接始まったらかなり上から目線で、前職のこと悪く言われてさっさと帰りたかった。

 

4. 喧嘩腰

小さい子どもがいると言った瞬間、「子どもが熱だしたらどうするんですか!?」と喧嘩腰。

実母に預けますと言ったら、「でもお母さんすぐに来れるとは限らないですよね!?」って

しまいに無認可保育園に預けますって言ったら、「無認可保育園高いですよね!? 保育料高いですよね!?」と。

そこの100円ショップ、何年もずーっとアルバイト募集の貼り紙しっぱなし(笑)

 

5. 謎のテスト

店長が取り込み中なので六畳一間の和室で待っていてと指示。

正座して1人で待つも、20分過ぎても誰も来ない。

足が痺れてきてしまい少し体勢を崩したら、1分後位にさっきの人が来た。

 
「はい、23分ね。申し訳ないけど、うちは最低でも30分以上我慢できる人でないと採用できないので。ご苦労様でした」

 
隠しカメラかわからないけれど観察して採用の合否を決めているらしかった。

 
面接官が応募者を審査しているとき、応募者も面接官を審査している。

人事担当の方は、そのことを決して忘れてはいけませんね( ;∀;)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ