インコがスーパーで買った「うずらの卵」を温め続けた結果…!

スーパーで売られている「うずらの卵」。そこからヒナが孵るなんて、思いもしませんよね。でも、実はまれに、有精卵も混じっているそうです。

セキセイインコの”ピーちゃん”の巣箱に、うずらの卵を入れてみた飼い主さん。すると親鳥の本能なのか、ピーちゃんは大事そうに卵を温め続けました。その結果・・・。

スポンサードリンク

 
▼うずらの卵にぴったりくっついて、大事そうに温めるピーちゃん。
uzura_R

 
ある朝、飼い主さんが覗くと、うずらのヒナが誕生していた!
uzura2_R

 
巣箱から落ちて少し弱っていたヒナ。急いで温めると、なんとか復活してくれました!
uzura3_R

 
そして、手づくりのご飯をしっかり食べて、元気いっぱいに!
uzura4_R

 
毛も乾いてフサフサになりました(*´ェ`*)
uzura5_R

 
たまたま飼い主さんが選んだ1個が有精卵で、ピーちゃんが温めたことで誕生した1羽のうずら。まさに運命的な出会いとなりました(*´ェ`*)

※温める前の見た目では、有精卵か無精卵かは分からないとのこと。温め始めて5日後くらいに、暗い室内で卵のお尻を照らし、血管が見えたら有精卵だと分かるそうです。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]