高速道路で発見した子猫。最初は手に噛み付くほど怯えていたけれど、やがて…!

ロサンゼルス空港からタクシーで自宅へ向かっていたメーガンさんは、交通量の多い高速道路の路肩に、1匹の子猫がいるのを発見しました。

すぐに車を止めてもらい、駆けつけて抱き上げると…

その手に噛みついてしまうほど、彼女は怯えています。

右足を怪我しているようで、少し震えていました。

5車線もある高速道路で見つけたんです。

私の予想ですが…誰かに捨てられてしまったのかもしれません。

心を開くまで…

家に着き、まずは子猫が一人で落ち着けるよう、洗面所に連れて行きます。

 
しかし、メーガンさんが噛まれた傷を洗っていると…

彼女は鏡台と壁の隙間に逃げ込んでしまいました。

 
無理やり引っ張り出すこともできないため、カメラをセットして様子を見守ることに。

 
その後、母猫が子猫を呼んでいるビデオを見せたり、匂いの強いご飯を買ってきたり、様々な方法を試しますが…

気にしている様子はあるものの、なかなか外に出ようとはしません。

 
しかし2日が経ったあるとき…

ついに、決心してくれました!

 
一瞬の隙を逃さずタオルを掴むと、ドアを素早く開け、隙間に詰め込み…

ようやく、その体を抱き上げることに成功します。

 
お風呂に入れてあげると、相当喉が渇いていたのでしょう。

体を洗われているのも気にせず、蛇口から水を飲み始めたそうです。

お風呂の後は、タオルに包んで乾かしながら抱きしめて「もう大丈夫だよ」と安心させてあげました。

リラックスし始めたので、タオルに包んだまま手渡しでご飯をあげたんです。

 
その日を境に、ナッシュと名付けられた子猫は少しずつメーガンさんへの信頼を深めていきました。

関連:てんかんに苦しむ兄犬のため…新たに家族となった子猫は、自ら「SOS」を覚えた

甘えん坊に変身!

1週間後、そこには体重も順調に増えた甘えん坊の姿が。

 
メーガンさんの後をついて回り、安心しきって隣で眠ります。

いつもすり寄って、キスしてくれるんです。

多分命を救ったことに、感謝してくれているんだと思います。

 
恐怖でうずくまっていた子猫は、深い愛情を浴びてようやく心を開きました。

 
大好きなママと安心できる家で…

ナッシュは今日も、のびのびと過ごしていることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ