これはすごすぎる!大学生が発明した消火の歴史を変えるかもしれない消火器

アメリカ・バージニア州 ジョージメイソン大学の2人の学生が発明した消火器が、消火の歴史を変えるかもしれません。

 
彼らが考え出したのは低周波数の音波を利用した消火器でした。低周波音によって、火や周囲の粒子の速度を上げ、それによって鎮火ができると言います。

コチラはその消火器を使った消火の様子です。

 
従来の消火器には「短い時間しか使用できない。」「再利用が難しい。」といった問題がありましたが、この消火器には関係ありません。

しかも、有害な化学物質が噴射されることもなければ、スプリンクラーのように水で室内の物がダメになることもありません。また、ドローンに搭載して森林や高層マンションの消火にも使えます。

さらに、音波は重力の影響を受けないため、宇宙での火災にも対応できるかもしれないとのことです。

 
『水や砂で火を消す』という一般的な発想を飛び越えた、まさに夢の様な消火器。彼らは仮特許を出願し、より多くのテストを重ねていく予定だそうです。

今後の2人の活躍が非常に楽しみです(*´ェ`*)

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]