ナイフで刺されながら、見知らぬ女性を守った勇敢な野良犬。その名は”ヒーロー” 5枚

アメリカ・ジョージア州での出来事。

女性から通報を受けた警官が現場に駆け付けると…、そこには、体の5か所をナイフで刺され、息も絶え絶えになったピットブルが横たわっていました。
bloody-hero_r

 
彼は、女性の飼い犬ではなく、なんと見知らぬ野良犬。

女性によれば、彼女が口論をしていた男性に襲われそうになった際、突然このピットブルが割って入り、彼女をかばってくれたのだそうです。

 
駆けつけた警官のうちの一人、ティムさんは語ります。

「私たちは、この勇敢な犬をこれ以上苦しめるわけにはいかない、ましてや、絶対に死なせてはいけないと思いました」

 
ティムさんたちによって、すぐに動物病院へと搬送されたピットブル。彼は手術の間、いつ死んでしまってもおかしくない状態だったといいます。

それでも…

 
ピットブルは、何とか無事に、一命をとりとめたのです!
hero_r

 
その後、動物保護団体「Fighting For The Bullys Pit Bull Rescue」の設立者であるカーラ・ウェルチさんに保護された彼は、その勇敢な行動にちなみ、「ヒーロー」と命名されました。

 
カーラさんはヒーローのため、ネット上で治療費の寄付を募集。

すぐに十分な額の資金が集まり、担当した医師の善意もあって、必要なケアはすべて受けさせることができたそうです。

 
それからしばらくは、カーラさんとともに施設で過ごしていたヒーローでしたが、そんな彼に先日めでたく、里親さんが見つかったとのこと!

 
ヒーローを看病した当時を振り返りつつ、カーラさんは涙ながらに語りました。

「さみしくないと言ったらうそになるわ。

泣かないようにって思ってたけど、この子と過ごした時間を思い出したら無理ね。

彼は本当に素晴らしい子よ」

 
新しい飼い主となったサラ・シンプソンさん一家も、ヒーローが家族に加わることを楽しみにしていました。
sara-and-hero_r

 
こちらは、すでにサラさん宅に住んでいた2匹の兄弟たちとの初対面の様子。
walking-on-road_r

 
ともに暮らす家族ができたことに、ヒーローは心から喜びを感じているようです。
meeting-families_r

 
自らが傷つくことも厭わず勇敢に戦った彼は今、たくさんの愛情に囲まれ、穏やかな日々を送っています。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ