道路の真ん中で縮こまる子猫を発見→車を止めて駆け寄ると、普通の猫じゃなかった

ドライブ中、道路の真ん中に縮こまる子猫の姿に気が付いた運転手。

まだ息があることを願いながらすぐに車を止め、その場所へ向いました。

 
幸い、子猫は無事だった様子。しかし、近くに寄ってみると、その姿にビックリ。普通の猫とは明らかに違いました。

短いしっぽ、キリッとした目鼻だち…。

spiritfeather (5)_R

その子猫は、一般的にペットとして飼われているイエネコではなく、オオヤマネコと同属の野生動物「ボブキャット」の子どもだったのです。

 
発見者の方が急いでクリニックへ届けると、そこから連絡を受けたフロリダ州の保護団体「Big Cat Rescue」が、彼女を引き取ることに。
spiritfeather (1)_R

 
まだ生後2ヶ月半ほど。少し痩せてはいましたが、健康状態に異常はありませんでした。
spiritfeather (6)_R

 
後にスピリットフェザーと名づけられたボブキャット。

寝るときにはいつも、スタッフがあげたリスのぬいぐるみを、ぎゅっとしながら眠るのだとか。
spiritfeather (2)_R

spiritfeather (3)_R

 
施設によれば、3ヶ月ほど準備したのち、野生に戻す予定とのこと。
spiritfeather (4)_R

 
近代化が進むにつれて住処を失った野生動物の子どもたちは、別の住処を探して移動する途中で、お母さんや兄弟からはぐれてしまうことがあるそうです。

スピリットフェザーが家族とまた出会えるかは分かりませんが、たとえ1匹でも元気に暮らしていけるよう、たくましく育ってくれることを祈るしかありません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ