69歳のゾウ「はな子」亡くなる。多くの人々に愛された、その生涯を振り返る声

東京都武蔵野市・井の頭自然文化園で飼育されていた国内最高齢のゾウ「はな子」が、5月26日の午後、69歳で亡くなりました。
25291418285_d0c542b143_z_R

 
彼女が日本にやってきたのは1949年。戦後初めて日本にやってきたゾウとして、大きな注目を集めました。

その後1954年に井の頭公園に移り、以来多くの人々に愛されてきた彼女でしたが、ここ数ヶ月はあまり体調も芳しくなく、最後は飼育員に看取られる形で、静かにこの世を去りました。
5481904966_5d8b50c85e_z_R

 
はな子の死を受け、Twitterには彼女との思い出を振り返り、悲しみや感謝を伝える人々の声が多数あがっています。

 
老若男女問わず、出会う人皆に親しまれたゾウのはな子。

今までありがとう。安らかに眠ってください。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ