「いつも側にいるよ」 自閉症の子の側にじっと寄り添う補助犬の愛に頭が下がる


タグ

ニュージーランドに住む9歳の男の子ジェームズ・アイザックくん。自閉症を持つジェームズくんは話すことができず、体に触れられることに対して不快感を感じてしまいます。

そんなジェームズくんの毎日を支えてくれているのが補助犬のマエです。マエが一家の元にやって来たのは2年半前。それ以来、まるで弟のようにジェームズくんを大切にしてくれています。

交通量の多い道路では、自身とジェームズくんを繋いだ綱で安全を守ったり、
12592225_10153865317161575_1213226350043078142_n_R

 
ジェームズくんが外で不安になっているときには落ち着かせてくれるなど、ジェームズくんにとってかけがえの無い存在です。
12662632_10153873029061575_3956936174908416942_n_R

 
さらに驚くのは、検査のため病院にいるときですらジェームズくんの側から離れようとしないこと!
12697158_827798264032621_8361086478331070839_o_R

 
発作の診断のため、MRIを受けに病院を訪れたときのことでした。室内まで一緒に来ることを許されたマエは、ベッドの上で眠るジェームズくんに寄り添い、
12747436_827798180699296_8406651681346178997_o_R

 
なんと、MRI中ですらジェームズくんの顔に鼻を押し付け、検査が安全に行われるように努めてくれたのです。
12717481_831371883675259_8103199788730677131_n_R

 
「マエがジェームズを見ているとき、ともて心配そうだった」と言うミシェルさん。マエにとってジェームズくんは家族以上の存在なのかもしれません。
12747330_827798217365959_6141391610908178481_o_R

いつも私たち人間を助けてくれる犬。犬の持つ能力と優しさに頭が下がる思いです。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ