児童施設に寄付した男性が、お礼の手紙を読んで気づいたことは

おすすめ記事

「ワイ、児童施設に寄付したんやけど…」

そんな書き出しから、ピピピーッ (@O59K2dPQH59QEJx)さんは以下のようなツイートを投稿しました。

目頭が熱くなります…。

win-win

寄付することでご自身が救済されたのも事実かもしれませんが、子どもたちの助けになったのもまた事実です。

動機は何であれ、誰かのための行動ができるのはとても素晴らしいことなのではないでしょうか。

関連:「時間かかったけど」女医が果たした『がん患者との約束』は

みんなの反応

●エゴでも何でもいいと思う、そこには絶対救われる人がいるのだから

●昔の自分からのお手紙ですね

●偽善ぽく謙遜していらっしゃるが素晴らしい善行です

●受け取り手がいるから、与える事ができる。お互いハッピーになれたら、この世から何も失われずに幸福の総量だけが増える。素晴らしい

グッとくる呟きに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ