「元宮城県民からの助言」震度5程度の横揺れで物が倒れたら…

おすすめ記事

10月7日(木)22時41分頃、埼玉県と東京都で最大震度5強を観測する地震が起きたことを受けて…

マナツ🌻 (@romareitaru)さんは以下のようなツイートを投稿しました。

見直し大事!(゚Д゚;)

万が一に備えて

マナツさんはさらにこう続けます。

家具の配置や避難経路の確認をするとともに…

地震が起きた際に身の安全を最優先した行動が取れるよう、日頃から意識しておく必要がありますね。

関連:ゼンリンが訴える『災害時における地図の重要性』に…ハッとした

みんなの反応

●東日本の時は、積み重ね式の棚は上の方が倒れてきました。固定してあった家具は大丈夫でした。あと、4月の余震の時、友人宅では台所のレンジがビューッと飛び出し隣の部屋まで飛んでいったそう

●あと枕元やベッドサイドに靴かスリッパを置いておくと良いですよ。履き古した靴とかでいいんで。ビニール袋とかに入れて置いていくだけでもいい。地震発生して逃げるときに家の中でもガラス散乱してる可能性もあるので

●宮城県民ぼく、震災以降は自分の背より大きい家具を撤廃した模様。そのおかげか2月と5月の震度5強の地震ではなんともなかったし、何なら家具が倒れる心配もほぼ無くなったので防災バッグを準備したりモバイルバッテリーの充電状況を確認したり電源を切ったりコンセントを抜くなど余裕を見せた模様

●これは関東住み福島県民も強く同意。棚や箪笥の向きも大事。長方形の建物の長辺に平行な家具は、出来るだけ垂直に置き換えるだけでも違うから

周知したい情報に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ