新幹線で「うるさい」と怒ってきた男性が、急に黙って去った理由は?

福島清史@外資系マーケ本部長 (@ki44fukushima)さんが投稿した、とある新幹線内でのエピソードに注目が集まっています。

 
コレはカッコ悪い…!(;∀;)

語学力だけじゃなく

何より…

 
怒りの口調で相手を抑えようとする行為自体、「コミュニケーション能力」が欠乏していることの現れです。

大人ならば、より理性的な態度を持って場を収めるよう努めてほしいですね。

関連:駅員にICカードを差し出す乗客が…とある『マナー違反』にあ然とした

みんなの反応

●勘違いは仕方ないし、注意すべき対象にコミュニケーション取れなかったのも仕方ないが、勘違いしたことさえ謝罪できないって部分だけで十分クソダサい

●とりあえず日本語で注意して欲しかったね。日本語わかる人だったかもしれないし、少なくとも怒っていることは伝わるから

●白人に対しては英語で話さなきゃと思うのは日本人の典型的なコーカソイドコンプレックスで、そこが日本であれば日本語で注意すれば良い。相手はロシア人かもしれないし、東南アジア系の相手なら最初から日本語で注意するのではないか

●そもそもこういう迷惑アレルギーの人がダサい。公共の場所で静寂を求めるなら自分で耳栓なりノイズキャンセリングイヤホンなりを持ち歩けっていう話なんだよなぁ

 
深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ