新型コロナの裏で…アルコール消毒が効かない『あのウイルス』が感染拡大

おすすめ記事

「人々がコロナに気を取られている意表をついて」とのコメントを添えて…

医師の黒木雄一@中京病院救急科 (@MindMapMed)さんは、以下のような注意喚起をしています。

本当に気をつけたいお話です。

加熱と消毒

ノロウイルスは感染力が非常に高く、特に感染者の便や嘔吐物から多く排出されるため…

ヒトを介して汚染された食品を口にしてしまい、家庭や職場で集団食中毒に至った事例も多いようです。

ノロウイルスの失活化には、加熱や次亜塩素酸ナトリウムでの消毒が有効とされています。

詳しい感染対策については、厚生労働省の『ノロウイルスに関するQ&A』をご参照ください。

関連:この時期、コロナ症状を花粉症と誤認しないように。医師が注意喚起

みんなの反応

●ウイルスって、凄いな。次から次へと…

●先月職場(特養の老人ホーム)で出て、3週間程でやっと消えてくれました。コロナ対応だけでも大変なのに…もううんざりでした

●気がつけば家族全員で感染していたりするからね。恐るべしノロウィルスです

●あぁ、やはりノロウイルス流行っているのですね。最近、下痢嘔吐の方がちらほら見かけます。次亜塩素酸でテーブルとか台所を消毒したほうがいいですね。施設とか大変。情報ありがとうございます

周知したいツイートに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ