「これが生活」ヴェネツィアで『ある光景』を見て…泣きそうになった話

おすすめ記事

それは森泉岳土(@moriizumii)さんが、イタリアのヴェネツィアを訪れたときのことでした。

なるほど…(゚Д゚;)

日本との違い

森泉さんは、さらにこう続けます。

たしかに、他人の目を気にして窮屈さを感じることがあります。

自分と異なるスタイルを優しく見守れるような寛容さが、翻っては自身の生きやすさにも繋がるのかもしれませんね。

関連:信号を『LED化』した結果…? 金沢で撮影された「ある光景」にゾッとした

みんなの反応

●日本が忘れてしまった物が詰まっている

●以前イタリアの取引先が「人は楽しむために生きている。人生は楽しむためにある」と言っていたのを思い出す

●仕事が好きで結果を出す喜びのため進んでワーカホリックになっているならいい。だけど日本だと、楽しそうな顔していると、イザこけたときに、ほらやっぱりアイツは仕事サボって楽しんでたから、ざまぁ、とかいわれそうで、それが怖いから仕事してるふりしてる人も多いような。殺伐としてる

●憧れるなぁ、こういう心に余裕がある社会

考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ