出産時に麻酔の選択肢がなかった妻。対して夫は…考えさせられる話

おすすめ記事

『麻酔』に関して…

きーん(@Kean_Univ)さんは、自身の経験を元にこう訴えかけました。

たしかに…(゚Д゚;)

一体なぜ

出産と処置が異なるとはいえ、痛みを伴うという点では同じはず。

麻酔を使用するという選択肢があるなかで、未だ自然分娩が一般的なことに疑問を持たざるを得ません。

残念ながら日本では、痛みに耐えてこそ愛情があるという古い価値観が残っており、無痛分娩が可能な病院も少ないのが現状のようです。

この問題を改善するためには、まずは考え方や環境を変えていかなければなりませんね。

関連:米国の病院で、廊下を急ぐベテラン医師たち。緊急かと後を追ったら…え!

みんなの反応

●女性って女性というだけで痛い思いをしなきゃならないのが大変ですよね。生理痛、出産、初体験、婦人科系の検査も痛いのばかりだし、せめて出産と検査はもっと麻酔が一般的になってほしい

●確かに三回とも麻酔の選択肢なかったし、産後の抜糸でさえ麻酔してくれたけど効く前に抜糸すると言う鬼畜仕様でした。何故なのか。それとも麻酔効いての抜糸の痛さだったのか。とにかく産前産後は痛いことばっかり

●出産は、特に麻酔が子に影響を与える… とかでなければ積極的に使うべきだと思うんですよね。素人考えですけど。今は無痛分娩とかできると聞きますので、安全なら積極的にそうすべきですね

●痛みがないと母親になれない… と痛みに苦しんだはずの母達からも押し付けられる地獄。呪いの連鎖は私たち世代で断ち切りたい

頭を抱える問題に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ