ある上司が、部下の妊娠を知って真っ先に思ったことは…考えさせられる話

おすすめ記事

それは(@madanaizo)さんが、部下の女性から妊娠の報告を受けた時のことでした。

『自分でも自分の反応が結構ショックだった』

胸に刺さる告白です。

理想と現実のギャップ

それでも…余裕がない中で本心を表に出さず、なおかつ自身を省みるというのは、誰にでもできることではありません。

子育てする社員と、会社双方の負担が少なくなるよう…

社会全体で環境を整えていく必要がありますね。

関連:育休明けすぐに妊娠が発覚し、上司に報告したら…深く考えさせられる話

みんなの反応

●前の会社で管理職してた時、同じ状況になりました。心の中での第一声が、まじかぁ…でした。即座におめでとう!!と返しましたが、確かに自分の反応に嫌気が差しましたね…

●普通の反応だと思います。そして、おめでとうと言えただけすごいと思います。私は2人目の妊娠報告を上司(女性)にしたとき、開口一番、「それで、育休は取るつもりなの?」と言われましたし、今振り返ってみるとおめでとうと言われた記憶もありません。キャリアにとってはマイナスと捉えられました

●気持ちわかります。私は平社員でしたが、誰かが産休に入ると「残った人が頑張る」という会社だったので、自分の休みがほとんど取れなくなり、素直におめでとう、という気持ちになれませんでした。最後には親の介護でも休めない状況になって、私が辞めました

●これについて、色んなことを感じる人が居ると思うけど…私の「価値観」から見ると、「抜けられたら困る」と真っ先に思える女性の部下が居ることが素晴らしい。いくら現代的な価値観を持っていても、とっさに「おめでとう」が出ないことは決してNGではないと思う。冷静にこうやって振り返れればOKだ

考えさせられるツイートに、他のユーザー達からも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ