漫画家『漫画の思想論は信じないほうがいい』 語られた「理由」に納得

漫画の中で描かれる「思想論」について…

ご自身も漫画家である山中あきら@おきらく忍伝ハンゾー電子版出てますよ(@chiku012)さんは、こんな呟きを投稿しました。

なるほど…!!Σ(゚Д゚;)

1人の世界

仰る通り、自らの考えを善とするのも悪とするのも、全て作者の思い通りです。

作品から受けた影響を、いかに現実で活かせるか…

その是非が詰まるところ「読者自身の良識」にかかっているという前提は、忘れずにいたいですね。

関連:水木しげるの娘が語った「お見合い文化」を巡る話に、深く考えさせられる

みんなの反応

●論破説得できることで作られてますものね

●主人公が絶対正義な作品が苦手な理由はこれ

●強要ではなくじわじわと誘導させていくのも「プロ」なんでしょうね

●すごくよくわかる話しで、私も高校生の頃サラリーマン金太郎を読んで「ビックになるには喧嘩すればいいのか」って真面目に思ってましたからね

ハッとさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ