人の手に保護された、妊娠中の母猫のミヌエットは…たった1匹の娘に、全力で愛情を注いだ!

米フロリダ州のレスキュー団体のもとに連れてこられた、複数の猫たち。

彼らの中には、妊娠中の母猫もおり…

安全な出産を行うためには、経験豊富な里親によるケアが必要不可欠でした。

たった独りの娘

まもなく、地元で猫の保護活動を行っていたサマンサさんが…

「かわいそうな猫たちを助けてほしい」という要請を快諾します。

彼女が引き取った母猫のうちの1匹・グッチは、ペルシャとマンチカンの交配種である「ミヌエット」と呼ばれる品種。

食事の好き嫌いが多く、ブラッシングを頻繁に要求するなど、ちょっぴりワガママな性格だったそうです。

しかし、そんなヤンチャぶりも出産を経て一変します。

産まれた2匹の子猫のうち、1匹は残念ながらまもなく息を引き取ってしまいましたが…

グッチは悲しむ間もなく、一人娘となった我が子・ヴェルサーチェに、あふれんばかりの愛情を注ぎました。

傍に寄り添って体温を分け与え、隙あれば身体を綺麗に掃除。

ヴェルサーチェもまた、優しいお母さんによく懐いていたようです。

サマンサさんによれば…

グッチの娘への愛情は、他とはちょっと違うものでした。

片時も、傍を離れたくないようで…

2匹の親子の絆は、私も初めて見るほどに強いものでしたね。

関連:先住猫のミヌエットと仲良くなりたいマンチカンの子猫。タックルでアピールし続けた結果…?!

無償の愛

その後、生後3週間になったヴェルサーチェは…

目もぱっちりと開き、お腹もまんまると膨らんで、健康的な姿になっていました。

自分たちを救った優しい方々へ…

グッチたちも、心から感謝していることでしょう。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ