顔なじみの野良猫が、ふと連れてきた『息子』。その足を見て家主は異変に気付いた

とある家に、ちょくちょく遊びに来ていた1匹の野良猫。

 
そんな彼女がある日…

ふと、自分の子猫を連れてやってきました。

 
珍しいこともあるものだと喜んでいた家主たちでしたが…

すぐに彼らは、『ある異変』に気が付きます。

 
子猫の左後ろ足が、うまく動いていないのです。

 
「もしかして、私たちに助けを求めて連れてきたのか…?」

家族はこの子猫を預かることに決め、さっそく動物病院へ。

そして検査の結果、やはり骨折していたことが判明します。

 
ギプスを着けてもらった子猫はミロと名付けられ…

以来、彼を救ってくれた家族の元を離れなくなりました。

関連:愛する飼い猫の死後、隣の家の猫が度々訪ねてくるようになり… 6枚

 
フカフカの気持ちいいベッドでごろん。

 
あたたかい家の中で、とってもリラックスしています!

 
なお、彼を連れてきた母猫については、まだ外の暮らしを好んでいたため…

家主たちはご飯をあげつつ、心変わりを待ってみることにしたようです。

 
子どもを預けるまでに人間を信頼してくれた彼女なら、きっと大丈夫。

その後、親子そろって暮らせるようになったことを願うばかりですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ