考えさせられる。親に捨てられ路上で物乞いをして生きる少年とノラ犬の友情


タグ

フィリピンの大都会メトロ・マニラ。そこには物乞いで生計を立てている ある男の子がいます。

beg4_R

 
彼の名前はロンメル・キミナレスくん(11歳)。幼いころには両親と8人の兄弟と暮らしていたロンメルくんでしたが、働き手だった父親が愛人をつくり、そのすぐあとには母親も新しい男性と出会い、両親は離婚することに。

beg1_R

 
家には兄弟だけが残されてしまったのですが、そのうちの3人は養子に出され、下の2人は母親と暮らしており、兄は麻薬に走ってしまったそうです。

唯一働いている姉は、小さな飲食店で一生懸命働いていますが稼ぎは不十分で、工場勤務の旦那さんは飲んだくれでした。

電気代も十分に払えない状況のため、少しでも家計の足しになるようにロンメルくんは”物乞いをしては路上で寝る”という生活を、10歳のときから1人で続けてきたそうです。

 
そんなときに出会ったのは、同じく1匹で路上をさまよっていたという野良犬のバジ。

2人は行動を共にするようになりました。

beg6_R

 
ハジは、麻薬中毒の少年たちが寝ているロンメルくんからお金を盗もうとしたときには、すぐさまロンメルくんを起こしたり、殴りかかられそうになったときには吼えて撃退してくれるなど、1人ぼっちで生活するロンメルくんの支えになってくれていました。

beg2_R
beg7_R

 
しっかりとバジを抱きかかえながら路上で眠るロンメルくんの姿を見ると、どれだけお互いを信頼し合って生きているのかが良く分かります。

beg8_R

 
そんなロンメルくんの将来の目標は”俳優になること”。しかし、それはお金が稼げる職業だと分かっているから。

動物が好きなロンメルくんが本当になりたいのは、大好きな動物を助けてあげることができる獣医さんなのです。

beg3_R

 
大きな夢のためには学校に行かなければなりません。物乞いで貯めたお金で何とかノートを買うことはできたものの、学校に行くためのお金まで貯めることはできませんでした。

 
しかし、ロンメルくんの動画を撮影し、ロンメルくんが懸命に生きる姿を見た動画メディアココナッツTVが協力したことで、ロンメルくんは社会福祉援助を受けられるようになり、無事フランシスコ・ホームズ小学校に2年生として入学することが決定したそうです。

 
ココナッツTVが撮影したロンメルくんとハジのインタビュー映像はコチラ。

 
無事学校に入学できることになったロンメルくんですが、生活費を稼ぐために週末には物乞いを続けるといいます。

幼いながらにも、生きることがどれだけ大変なことかということを知っているロンメルくん。行く先にどんな困難が待っていようとも、諦めずに夢に向かってバジと一緒にひたすら突き進んでいくことでしょう。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ