月経痛で産婦人科に通う中学生。その姿を見た中年女性たちが…絶句する話

産婦人科医の江夏 亜希子(@akikoent)さんは、クリニックに通院中の中学生を巡って、こんなエピソードを投稿しました。

ひどすぎる…!(((;゚Д゚)))

心無い言葉

どんな症状で通っているのかも、それが『可哀想』か否かも…

他人が勝手に決めつけ、あまつさえ口にしていいことではありません。

偏見を持つ方が少しでも減り、患者さんたちの不安が解消されるよう、心から願うばかりです。

関連:シンプルな外装が好評な『無印の生理用品』を巡り…ある意見にハッとした

みんなの反応

●確かに昔は酷かった。制服のままで産婦人科に行くと学校が特定されてしまい「不良娘」という扱いになるので、当時の女子高生は月経痛は我慢してたと思う。母親も「生理は病気ではない」と聞かされてたし、鎮痛剤でさえも不自然だから「飲むな」でしたね

●超わかる。高校時代子宮内膜症で婦人科に通っていたけど「高校生が婦人科に出入りするなんて恥だ」と言われた。それも自分の母親に

●妹が、泣きながら寝込むぐらい生理痛が重かったのに、うちの母は「高校生で産婦人科になんて行かせたくない」と渋っていました。目の前で妹泣いてるんですけど!?最終的には連れていってくれましたが、今でもあり得ないと思っています。妹よ、辛かったね…

●うちのクリニックにも時々制服着た子達が夜診で見かけますが、思わず母的感覚で「偉いなぁ、ちゃんと来てくれて」と感心して言ってしまってます。月経困難性は辛いですものね。産婦人科=妊娠ではない。婦人科はかなり奥深い分野であることを女性なのに知らなすぎな大人が多いと感じる今日この頃です

頭を抱えるような一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ