独りぼっちで保護された野良の子猫は…やがて、同じ境遇の弟分と『本物の家族』になった!!

カナダ・オンタリオ州の保護団体のもとに、生後3週間ほどの子猫がやってきました。

彼女は、兄弟姉妹の中でも唯一の生き残りで…

母親は野生の本能が強く、子どもを育てることが難しい状態だったといいます。

弟との出会い

ルーシーと名付けられた子猫は、保護された当初から物怖じせず、意志の強い一面を見せていました。

保護団体の代表・メリッサさんによれば…

自分の身体と同じサイズの、ウサギの人形がお気に入りでしたね。

ご飯のあとは、抱っこを要求したり、歩く練習をするのが日課でした。

ご飯も、おもちゃも、愛情も、望んだ分だけ手に入る生活。

お姫様のような最高の待遇を受けるうちに、ルーシーはどんどん甘えん坊になっていきます。

そんな彼女のもとに…やがて、「弟分」となる子猫がやってきました。

ルーシー同様、独りぼっちで保護された子猫・ルークは…

こちらもまた甘えん坊な性格で、エネルギッシュな男の子でした。

当初の予定では、2週間ほど様子を見てからお互いを紹介する予定だったのですが…

別の部屋から聞こえてくる鳴き声に興味津々だったルーシーが、メリッサさんの隙をつき、自力で会いにいってしまったのだとか。

まもなく大の仲良しになった2匹は…

遊ぶときも、眠るときも、お互いの傍にぴったりと寄り添うようになりました。

血の繋がりはないものの、本物のお姉ちゃんと弟のように固い絆で結ばれていきます。

関連:周囲からあぶれ、食事にありつけなかった野良のトラ猫を保護したら…お腹に子猫を抱えていた!!

新天地へ

その後、家族となってくれる方が無事に見つかり…

姉弟はともに同じ新居へと引き取られていきました。

先輩の飼い猫・ビーンズも、彼らを温かく迎えてくれたそう。

暇があれば、窓の外から鳥を眺めて、優雅に過ごしているようです。

めでたく幸せをつかんだ幼い命へ、心から祝福の拍手を送ります(*´▽`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ