【子猫】保護した子猫を病院に連れて行ったら…治療費で給料が消えた! それでも前向きなカップルのもと、子猫は幸せの象徴に

とある雨の日、屋外で猫の鳴き声を耳にしたレイチェルさん。

恋人のブレンドンさんとともに、声の出所を探すと…

 
ひどく濡れたまま震えている、小さな子猫を発見しました。

彼の身体は、やけに冷たかったんです。

すぐに拾い上げて肌で温めてあげました。

治療の結果は

ブレンドンさんは、子猫を一目見るやその姿に心を奪われてしまい…

レイチェルさんに、「この子を飼いたい」と主張します。

 
そして子猫自身もまた、レイチェルさんたちの助けを必要としていました。

 
ほどなくして、名前は『モーリー』に決定。

 
こうしてめでたく家族になった3人ですが、モーリーは決して元気とは言えない状態で…

栄養不足のためか、低血糖を引き起こしているようでした。

 
すぐに動物病院へ連れていかれ、そのまま3日ほど入院することに。

レイチェルさんたちも、仕事終わりには必ず病院に立ち寄り、彼を励まし続けます。

 
そんな懸命のケアと、様々な治療の甲斐があり、やがてモーリーはすっかり健康を取り戻しました。

しかし…その結果、治療費がかなり高額になってしまったのだとか。

給料の全額を動物病院に支払うことになっちゃったんです。

でも、おかげで彼が助かったんだから、その価値はありました。

 
とても優しい飼い主さんと出会えた子猫は、その期待に応えるかのように、すくすくと順調に成長していきました。

関連:【子猫】 「最後の1匹」として、ケージの隅で丸くなっていた子猫は…やがて飼い主と「運命的な出会い」を果たした!

幸せの象徴

子猫の頃から、ブレンドンさんと一緒に寝るのが大好きなモーリー。

大人になっても、相変わらずのお父さんっ子です。

 

綺麗なタキシード柄になったモーリーは、私たちの結婚式に出席する準備もバッチリ。

新婚生活が始まることを、象徴してくれているかのようです。

 
温かな住処に美味しい食事、なにより大好きな家族を手に入れた彼は…

これからも愛情に満ちた、最高の暮らしを送っていくことでしょう。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ