ご飯と愛情に飢えていた、独りぼっちの野良の子猫は…「優しいママ」のもとへ全力で駆け寄った!

米ノースカロライナ州にて、猫の保護活動を行っているブリタニーさんは…

車を運転中、窓の外の木陰から「何か」が飛び出してくるのを目撃します。

当初は、「きっとリスだろう」と思ったものの…

木にも登らず、じっと立ち止まる様子を不思議に思い、車を降りて確認してみることにしました。

猛ダッシュ!

近付くにつれて、ブリタニーさんの耳には、可愛らしい鳴き声が聞こえてきます。

その正体は…

独りぼっちで途方に暮れている、灰色の子猫でした。

近所の住民の方に尋ねても、「その子猫は見たことがない」とのことでした。

そこで、彼女を保護するつもりだと告げると…

親切にも、タオルを提供してくれたんです。

ブリタニーさんに気付いても、子猫は逃げる素振りすら見せません。

それどころか、近づいてみると…

なんと、彼女の方から猛ダッシュで駆け寄ってきたのです。

バブルスと名付けられた子猫は、かなりの栄養失調で、骨と皮しかないというほどに痩せていました。

それでも身体を綺麗にして、ご飯をお腹いっぱいに食べさせてもらうと…

ひと心地ついたのか、ブリタニーさんのみならず、飼い犬にも寄り添って甘え始めます。

人懐っこい性格のバブルスは、新しい生活にもすぐに馴染みました。

もしかしたら、誰かに保護してもらうことを、ずっと望んでいたのかもしれません。

関連:一人ぼっちになった野良の子猫は…オッドアイの先輩猫と、『実の姉弟』のような絆を結んだ!!

明るい未来

飼い猫として生きる第一歩を踏み出したバブルス。

食事や愛情を求めてさまようことは、もうないでしょう。

彼女の未来が明るいものとなるよう、心から祈るばかりです。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ