ケアを続けても体重が増えない子猫。そこで、専用のご飯台を作ると…

タグ

動物保護団体のボランティアに参加しているドナさんは、お祖母さんの家を訪れた際、ガレージで暮らす5匹の子猫とその母猫を目にしました。

そして、2週間後に改めて様子を見に行くと…

状況が大きく変わっていました。

子猫の状態がかなり悪く、中でも一番小さな猫・ブラッドは、死にかけていたんです。

すぐに保護する必要がありました。

 
ドナさんは、緊急性の高い子猫たちを家に連れ帰り、24時間体制で授乳を始めました。

 
しかし、元気を取り戻し始めた他の子猫たちとは裏腹に…

一番小さなブラッドの体重が一向に増えません。

ひどい時には兄弟の3分の1ほどの重さしか無くて…

何度も彼を失ってしまうと思いました。

特別な食事台

その後も諦めずに、献身的なケアを続けたドナさんのおかげで、自分で立てる程度まで回復することができたブラッドでしたが…

なぜか、まだご飯をうまく食べることができませんでした。

 
そんな時、消化器の専門医の元で働く女性が、預かりボランティアとして彼の様子を見てくれることに。

 
そして、何人かの獣医の助けも借りた結果…

ブラッドは「巨大食道症」と呼ばれる疾患により、自力で食べ物を胃まで運べない状態だったことが判明します。

 
すぐに3Dプリンタアーティストへ連絡を取り、適切な姿勢で食事を取れるようにするための「特別な台」を作ってもらいました。

 
この食事台と療法食のおかげで、ブラッドは次第に元気を取り戻していくことができたそうです。

関連:瀕死の状態で見つかった未熟児の猫。しかし彼は決して生きることを諦めなかった

甘えん坊さん

体重も順調に増えて、すっかり甘えん坊になったブラッド。

彼はマジックテープみたいに1日中ひっついているんです。

何時間も肩に乗って過ごしています。

 
17週目を迎える頃には、なんとか体調も落ち着いて来たといいます(*´∀`*)

 
いくつもの偶然の出会いによって命を救われた小さな子猫。

 
彼の生きる強い意志と、それを支え続けた優しい人々に大きな拍手を送ります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ