トイレットペーパーの盗難に悩む道の駅。そこで「ある対策」を講じたら…

相次ぐトイレットペーパーの盗難被害を巡り…

茨城県城里町にある道の駅かつら (@st_katsura)公式アカウントが投稿した、こんなエピソードに注目が集まっています。

売れてほしいわけではない…!!(;∀; )

罪の意識

これで窃盗の被害も減ることを期待したいですが…

そもそもの話として、「50円程度の支払いより犯罪を優先する人」が多数いたこと自体、あまりにも異常な話ですね…。

店に設置されているトイレットペーパーは、あくまで店の所有物。

その認識を、決して忘れてはなりません。

関連:使用停止の貼り紙がされた『ジェットタオル』を見て…絶句した!!

みんなの反応

●1ロール単位での需要が結構ある?

●需要があったってことなんかしらんけど、なんだかなぁ…。販売価格を上げたらまた盗られるんだろう

●嬉しくない嬉しい悲鳴

●なるほど。備品だと何となく罪の意識はグレーだけど、商品にしたら「窃盗」だからね

考えさせられるエピソードに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ