【子猫】 物置で保護された鼻に奇形を患う子猫。兄弟たちが互いに寄り添うなかで…彼女だけは、人間のママから離れなかった

米テネシー州に住むレネアさんの家の近くに現れた1匹の野良猫。

保護しようと罠をしかけていましたが、なかなか捕まりません。

 
さらに彼女は子猫を生むと、一家揃ってレネアさんの物置の中で生活を始めたので…

タイミングを見計い、ブランケットでコチラから捕獲します。

変わった子猫

彼らの内、バターズと名付けられた子猫は、鼻に奇形を患っており尻尾もありません。

彼女はとても緊張していましたが、数時間後には腕の中で母猫に甘えるように「ふみふみ」を始めたんです。

 
ご飯を食べてお腹いっぱいになると、腕の中によじ登り…

喉を鳴らしながら眠ってしまいます。

 
他の子猫たちは互いに寄り添っていましたが、バターズはレネアさんと一緒のほうが良かったようです(*´艸`*)

どの子猫も引き取るつもりはありませんでしたが…

バターズと私の間には、強い絆が結ばれてしまったんです。

 
こうして出会ったその日から、2人は親友になりました。

バターズはとってもおバカさんで変わっていて、ちょっと大袈裟なんです。

 
準備が整うと、兄弟たちをそれぞれの家へと送り出したレネアさん。

やがて保護された母猫にも、新しい飼い主が見つかりましたが…

 
やはりバターズだけは、手放すことができなかったのだとか。

関連:【子猫】 農場で見つかった独りぼっちの子猫。キツネに襲われないように自宅に連れて帰ると、興味津々の先住犬がやってきて…?

いつまでも一緒に

成猫になっても2.5Kgしかありませんが、小さい体を補ってあまりあるほどのたくましさをもっています。

 
これからも大好きなママと一緒に、楽しい思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ