『普通に努力するだけで東大入れる』と言う人に、地方民が教えたいこと

おすすめ記事

地方出身のハチ博士の海外就職(@Hachi_Re8)さんは、ある知人の考え方に対してこんな意見を投稿しました。

なるほど…

不平等な世の中

恵まれた環境下だったとしても、東大に入学できるほどの学力を身につけたことは素晴らしいことです。

しかし、皆がみな同じ境遇ではありません…。

『普通』の基準は人それぞれであり、どれだけの努力で成し得たかも他人の目にはなかなか見えないもの。

そのことを、常に心に留めておきたいですね。

関連:自習室で勉強する医学生に渡された、1枚の紙切れ。書かれた内容に…絶句

みんなの反応

●金銭的にも学習環境も、スタートラインが違いますね! 1年浪人したときに、予備校に通わせてもらって、こんなにも地方と都会で環境が違うんだなと感じました

●これは私も同感です。新卒入社した先の同期は、半分は東大、残りは早慶って感じでしたが、皆似た感覚持ってました。勿論当人らが頑張って勉強した、努力した、点について否定しません(私は怠けたので)が、日本にも格差が存在し、這い上がれない状況下にいる人がいることも理解してほしいですよね

●これはまあありがちでして。「マトモな家ならそもそも奨学金なんて手を出す訳ない」という人にも会ったことが。恵まれたポジションの人だからこそ、積極的に意識的に視野を広げてほしいところです

●田舎だと「普通の努力」を支えてくれる教育環境や人間関係がないですよね。学校の先生は東大合格のノウハウを知らず、塾はそもそもない。地元志向が強いので励まし合える友人もなく、「普通」にしていると東大なんて想像すらしません。ネットの力で教育と友人発見の機会が平等になると良いのですが

深く考えさせられるお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ