印鑑作成が必須の会社に、長すぎる名前を持つインド人が入社。その結果…

日本の『印鑑』を巡って…

Sysca (@1110_bacura)さんは先日、こんなエピソードを投稿しました。

結局!!( ;∀;)

作れちゃった

業界で長年培われてきたノウハウと技術は、さすがに伊達じゃないですね…!!

なお、マドハヴァディティアさん本人は『超喜んでいた』とのこと。

昨今、その必要性について様々な議論が交わされているハンコ文化ですが…「記念品」としては、いまだに根強い人気があるのかもしれません(*´▽`*)

関連:タブレットだった佐川のサインが、ハンコに戻った。理由を聞いたら…

みんなの反応

●印鑑も時と場合ですよね。完全廃止はなんか違う気もします。サインでええやん、いらんやんって時もあるし

●私の勤め先の工場のベトナム人労働者の方々もみんな働くにあたり作りました!凄いですよね、印鑑職人の方々。日本から印鑑文化はなくならないんだなあとしみじみ感じます

●「日本で生活するのなら判子があった方が便利だから」って流れで判子を作る事になったんじゃないかな?と想像してしまいました

●自分の印鑑や名刺を持つと、社会人になったんだと実感しますよね

おもしろくも深い呟きに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ