一人ぼっちだった野良の子猫は…優しい里親ママのもとで、「3匹の兄弟」と幸せを手に入れた!

米フロリダ州にて、1匹の野良の子猫が発見されました。

彼女は、車通りの多い道路をどうにか渡ろうとしており…

いつ轢かれてもおかしくない状況で、通りがかった人に救助されたそうです。

家族との出会い

年齢は生後5-6週間ほどで、その身体は汚れきっており、ノミにも集られていました。

世話を引き受けた里親ボランティアのナディジャさんによれば…

連れてこられた最初の夜は、家族を探して鳴き続けていました。

撫でようとしたり、抱き上げたりしようとすると、小さな声で威嚇してきましたね。

それでも、ダービーと名付けられた子猫は…

少しずつゆっくりと、周囲へ心を開き始めました。

数日のうちに健康を取り戻していき、だっこやなでなでにも慣れ、自己主張もするように。

さらにナディジャさんは、彼女が猫の仲間から大切なことを学べるよう、新たな「兄弟たち」を紹介します。

マンゴー、ココナッツ、レモンという名の3匹は…

こうして、それまで孤独だったダービーにとって初めての家族となりました。

彼らはみな、本当にダービーのことが大好きみたいでした。

いつも傍に寄り添って、毛づくろいなどをしてあげていたんです。

関連:独りぼっちだった野良の子猫は…保護された先で出会った別の子猫と、『兄弟の絆』を結んだ!!

いつか幸せに

優しい保護者たちに囲まれて…

ダービーも、飼い猫としての生活をすっかり気に入ったようです。

一切の不安や恐れのない環境で、これからも彼女が健やかに育っていくよう、心から願っています。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ