道徳よりも必要なのは…。小学生の子をもつ親が「いじめっ子」に思うこと

『道徳教育の在り方』を巡って…

snail (@kabanouta) さんは、こんな呟きを投稿しました。

おっしゃるとおり、本当に必要なのは…

問題をやり過ごすための「理想」ではなく、実用的な対処法となる「理屈」に違いありません。

小さな大人

知識を教えず、子どもの純真さのみに全てを期待するのは、大人としてあまりにも無責任です。

ほんの少しの悪意が、被害者と加害者、双方の将来を潰しうる。

だからこそ…社会一丸となって、予防に全力を注ぐ必要があります。

関連:同級生に囲まれ、『塀から飛び降りろ』と迫られる児童を目撃。そして…

みんなの反応

●いじめられる側にもクソほども響かなかったですよ。道徳の教科書なんて、つまらないキレイな話ばっか載った変な本だなって思ってた。ホント、何をしたら犯罪でどうなったら逮捕されて懲役何年でとか、そう言うのやって欲しかった

●自分が小学生の時、道徳はぽけーっとしてられる楽な時間だった。って記憶しかないので、人権とか法律とか、重たい内容の授業は必要だと思います

●うちの子の中学でいじめの話が中心の道徳授業で「僕はいじめを絶対になくしたいです!いじめで苦しむ子を減らしたいです」と優等生発言をしていたやつが、授業後息子に向かって笑いながら「〇ね」と言ってたそうです。響かないどころか、大人に自分の印象よくするツールにしか考えてないかも

●人それぞれ、意見が違って当たり前ということを学ばせて欲しいとは思う

ハッとする投稿に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ