傷だらけで独りぼっちだった茶トラの野良猫。その姿を見て、ペット禁止の家に住んでいた女性は…

何年も独りぼっちで路上をさ迷い続けていた茶トラの野良猫、ブルース・ウィリス。

彼は6歳を迎える頃、後の飼い主となるサンドラさんと、運命の出会いを果たします。

運命の出会い

長年の屋外生活で身体はボロボロ。

目に怪我を負い歯も欠け、ネコエイズや、その他の様々な感染症にも侵されていました。

しかし、そんな状況にも関わらず…

ブルースは大変に人懐っこく、また愛くるしい性格の持ち主だったといいます。

ネット上で彼のことを知ったサンドラさんは、ペット禁止の賃貸に住んでいたにも関わらず…

なんと1か月かけて大家さんを説得し、引き取りの許可を得たのだとか。

安全な住処に連れてきてもらったことを理解していたのか…

ブルースはひと晩中のどを鳴らし続けて、ママの傍を離れなかったそう。

もともと動物を飼う予定はなかった、というサンドラさんですが…

その信条を即座に覆すほどの「何か」が、彼らの間には存在したようです。

関連:妊娠中に保護された茶トラの野良猫は、無事に子猫を出産すると…すばらしい子煩悩ぶりを発揮!!

大変身

それから1年。

ブルースの悲壮感あふれる表情は、すっかり消えていました。

これからも、優しい飼い主さんとともに…

最高の飼い猫ライフを満喫していってほしいですね(*´∀`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ